• 診療メニュー
  • 医院の特徴
  • 院長・スタッフ紹介
  • 院内紹介・設備紹介
  • 医院概要・アクセス
  • 料金表

口腔外科・根管治療

親知らず・お口まわりのケガなどの治療~口腔外科~

親知らずは、かつては通常の奥歯として使われていた歯です。しかし食生活の変化によって顎が小さくなった現代人には、きちんと生えてくるスペースがないために、横を向いたり斜めに生えてきたりして、痛みだけでなくさまざまなトラブルを引き起こしてしまうのです。

親知らずの抜歯は、口腔外科で行います。口腔外科ではそのほかにも、お口の中のできものやケガ、顎の骨折などの治療にも対応しています。お口まわりにお困りのことがあれば、一度口腔外科にご相談ください。

親知らずの抜歯について

親知らずは、ほとんどのケースで抜歯が必要になります。抜歯が必要になる理由には、正しい向きに生えることができずに、手前の歯との間に食べかすが溜まりやすくなって虫歯(P6へリンク)になりやすいことが挙げられます。また横を向いて手前の歯を強い力で押し、歯並びを乱してしまうことも理由の一つ。「こういった症状がすでにある」「そうなることが見込まれる」という場合には、抜歯を選択するしかありません。

親知らずには、比較的抜歯しやすいものと、難しいものがあります。歯根が枝分かれして曲がっていたり、歯根が神経の近くにあったりする場合などは、抜歯が難しいため十分な注意が必要です。当院では、親知らずの抜歯を多く扱ってきていますので、安心してお任せください。

抜歯しなくてもいい親知らず

たとえば、親知らずが歯茎の中に埋まったままで特にトラブルがない場合や、きちんとした向きで生えて奥歯として機能している場合には、残すことができます。抜歯が必要かどうかは診察してみないとわかりませんので、親知らずが気になる場合には一度診察にお越しください。

歯をできるかぎり残す治療~根管治療~

虫歯をほうっておくと、歯の奥の神経にまで達してしまいます。そうなった歯は、従来であれば抜歯しなくてはなりませんでした。しかし、歯を1本でも失ってしまうと、お口の中のバランスが崩れて、歯並びや噛み合わせを乱すなどさまざまな悪影響を招いてしまいます。

そこで近年では、歯の神経の治療「根管(こんかん)治療」を行うことで、歯を残すことができるようになりました。

根管治療とは

歯の中には、神経や血管の入った細い管「根管」がとおっています。根管治療では、根管の中から虫歯菌に冒されてしまった神経や血管を取り除き、消毒して薬剤をつめるという処置を行います。

根管は肉眼では見ることができないほど、大変細かく複雑な形をしており、根管治療には高い技術と経験が必要です。しかしこの治療を確実に行えれば、歯を残すことができるのです。当院は根管治療の実績を豊富に持っています。「できるかぎり患者さんの歯を残す」ことを念頭に、精密な根管治療をご提供しますので、お気軽にご相談ください。

根管治療が必要な症状とは

根管治療はとても難しい治療であり、初回の治療がきちんとできていないと再治療が必要になってしまうケースも少なくありません。根管治療が必要になる症状を、はじめての治療と、再治療にわけてご紹介します。

はじめての治療の場合
(神経が残っている)

再治療の場合
(神経がない場合)

  • 冷たいものや甘いものがしみる、または痛む
  • 噛むときに痛む
  • なにもしなくても激しい痛みがある
  • 歯茎が腫れている
  • 歯茎をさわると痛む
  • 噛むときに痛みが出る
  • 歯が浮いている感覚がある
  • 歯茎が内出血している

一度根管治療をしていると、神経がないため歯自体に痛みを感じにくくなっています。しかし、このような症状がある場合には、再発している可能性があります。放置すると症状は悪化する一方ですので、お早めにご相談ください。

大阪中央区京橋の歯医者  インプラント治療ならOBPデンタルクリニック tel.06-6949-1115

WEB診療予約

このページの先頭へ