当オフィスのインプラント治療方法

Treatment 充実の設備の中で安心のインプラント治療を

大阪市中央区にある「大阪中央インプラントオフィス」では、インプラントセーフティマーク認定医院として、おひとりごとのデジタルデンティストリーに基づく最適で安全なインプラント治療を行っております。提携先ラボと最新の治療機器を備えた専用オペ室で、高度な技術と豊富な症例経験を持つドクターが治療をご提供しています。

インプラントセーフティマーク認定医院です

インプラントセーフティマーク認定医院です

当オフィスは、歯科医療機関の第三者評価機関であるNPO法人歯科医療情報推進機構(IDI)により、安心・安全な治療を行うことが認められた「インプラントセーフティマーク(ISM)認定」を取得しています。インプラントセーフティマークとは、NPO法人歯科医療情報推進機構(IDI)が、ISM基準として定めた「安全性」を、「環境」「技術」「運用」の観点から総合的に評価し、一定レベルに達していると認定した歯科医院に付与するもの。インプラント治療を希望される患者さんが、医院選びをされる際の安心の目安です。

一人ひとりに合った最適で安全なインプラント治療を行っております

トップダウントリートメントによるインプラント

トップダウントリートメントによるインプラント

当オフィスでは、一人ひとりに合わせた最適で安全なインプラント治療を行うために「トップダウントリートメント」を導入しております。トップダウントリートメントとは、カウンセリングから症状を的確に診断した上で、ご希望に沿う治療計画をご提案し、治療内容や費用、治療終了までの期間などをじっくり検討し合ってから治療を開始するこです。
当オフィスでは、トップダウントリートメントによって、患者さんの理解に基づいて、数種類の計画の中から自分自身の希望に沿った治療計画を選んで頂きます。

デジタルデンティストリーのコンセプトによる最適な治療計画

デジタルデンティストリーによる最適な治療計画

従来のインプラント手術では、石膏模型で作った歯型をもとに被せ物を作ったり、インプラントの埋入位置を決めたりしていました。当オフィスでは、最新の歯科用CTを用いて顎の骨の厚みや角度、骨質などを調べ、コンピューターに読み込んでから設計・製作するシミュレーションソフトを用いて インプラント治療計画を立案・実施しております。最新の医療機器により、患者さんごとに異なる顎の骨の見えない部分まで把握することで、より的確な埋入位置を決めることができるようになったのです。

インプラント治療の流れ

step1 カウンセリング

当オフィスではカウンセリングを大切にしております。患者さんのご希望やお悩みなどを、時間をかけて丁寧にうかがいます。

arrow

step2 精密検査

緻密な治療を行うため、歯科用CTなどを用いて検査を行い、インプラントを埋め込む顎の骨の状態を細部までしっかりと把握します。

arrow

step3 診断、治療計画のご提案

精密検査で得た結果をもとに専用のシミュレーションソフトを用い、患者さんごとに適した治療計画を数種類立てて提案します。治療内容をしっかりとご理解いただきます。

arrow

step4 治療

ご理解いただいた治療計画に沿って、インプラント治療に入ります。顎の骨にインプラントを埋めてから、インプラントが結合するまでは数か月ほどかかります。治療した傷口が治癒する経過を見ながら進めていきます。

arrow

step5 上部構造(被せ物)の装着

顎の骨とインプラントが結合したことを確認して、提携先ラボの技工士が立ち会い、上部構造(被せ物)を作成・装着します。技工士が患者さんの歯に合わせながら作成するので、歯の色調を細かく調整でき、より自然な見た目に仕上がります。

arrow

step6 メンテナンス

施術終了後は、定期的にメンテナンスに通っていただきます。毎日のブラッシングと定期的なメンテナンスにより、インプラントを長く良い状態で保たせることができます。

さまざまなインプラント治療

インプラント
オーバーデンチャー
インプラントオーバーデンチャー 埋め込んだインプラントを使い、入れ歯を固定する治療法です。入れ歯のずれ・違和感がなくなり、しっかり噛めるようになります。噛む刺激が顎の骨に伝わるので、歯ぐきが痩せにくくなるメリットがあります。
サイナスリフト

上顎にインプラントを埋め込む場合、患者さんによっては顎の骨の厚みが足りないようなときは、インプラント治療ができないため、上顎の奥歯上部にある空洞「上顎洞」の側面から歯ぐきを切開して、人工骨または自家骨を移植し、上顎の骨の厚みを確保します。

  • サイナスリフト
  • arrow
  • サイナスリフト
  • arrow
  • サイナスリフト
ソケットリフト

サイナスリフトと同様に、上顎の骨の厚みが足りないときに行う治療法で、インプラントを埋め込むために開けた穴から人工骨または自家骨を移植する方法です。

  • ソケットリフト
  • arrow
  • ソケットリフト
  • arrow
  • ソケットリフト
GBR法

上下に関わらず、顎の骨が足りないときに、骨の厚みを確保するための治療法です。厚みが足りない部分に医療用の特殊な膜(メンブレン)を入れて骨の再生を促し、厚みを確保します。

  • GBR法
  • arrow
  • GBR法
  • arrow
  • GBR法
CGF法

患者様の血液を使用した再生療法になります。血液を遠心分離器にかけ、濃縮した血小板の溶液を作成します。
CGF法は凝固剤を加えず、完全に自分の血液のみから作られるため、感染リスクがほぼなく安心です。
採血して、約15分程度でフィブリンゲルが形成されます。このCGF法と自家骨と混合し、インプラントのオペ時に骨欠損部へ移植し、骨や歯ぐきなど歯牙周辺組織の再生や回復を早めます。

  • CGF再生療法
     遠心分離機(メディフュージ)
  • CGF再生療法
    フィブリンゲル

被せ物について

被せ物について

当オフィスでは「提携先ラボ」の歯科技工士がインプラント治療に使用する人工歯(被せ物)を、患者さんのお口を拝見しながら作成・調整します。周囲の歯を実際に見て調整することで、より自然な仕上がりになります。被せ物に使用する素材は、ハイブリッド、オールセラミック、ジルコニア等、さまざまな種類を取り扱っており、患者さんのご希望に合わせて選択します。なかでも、金属アレルギーをお持ちの患者さんには、メタルフリーでアレルギーの心配がないセラミック(ジルコニア)をおすすめしております。

Contact
お問い合わせはこちら

tel : 06-6949-1115
※平日の夜は19時半まで診療をしております。

WEB診療予約はこちらをクリック

ページの先頭へ戻る