治療後のメンテナンスの重要性

Maintenance インプラントと末長く付き合っていくために

インプラントで大切なことは、治療後のメンテナンスです。インプラントを長期間にわたって使い続けるためには、歯科医師、歯科衛生士のアドバイスに沿ったブラッシングなどの適切なセルフケアと、定期的な検診が必要不可欠です。トラブルを防ぐためにも、しっかりとメンテナンスをしましょう。

インプラント周囲炎について

インプラント周囲炎について

インプラント治療を受けた後で、最も起こりやすいトラブルは、「インプラント周囲炎」です。歯周病と同じ症状が起こる病気で、歯垢の中に潜む歯周病菌がインプラントの周囲の歯肉に炎症を起こし、進行すると噛むときに痛みを感じることがあります。また、症状に気づかず、放置したままでいると、せっかく埋め込んだインプラントが脱落してしまう危険性もある病気です。定期健診で歯科医師の診断とケアを受けることがインプラント周囲炎の予防にもなり、発見して治療することもできます。天然歯と同様に、日々のセルフケア(ブラッシング)も大切です。

治療後はメンテナンスが大事です

治療後はメンテナンスが大事です

身体に人工の異物を埋め込む治療法であるインプラントは、治療後のメンテナンスによって長期間にわたり機能を維持することができます。歯科医師による定期健診と、ブラッシングなどのセルフケアを怠ると、インプラント周囲炎などのトラブルが起こり、寿命が短くなってしまいます。インプラントとより良い関係を維持し、長く機能維持してもらうために、治療後のメンテナンスをしっかり行いましょう。

当オフィスのメンテナンスについて

当院では、インプラント治療後のメンテナンスに、歯周病治療メニューを採り入れております。プラークが再石灰化した歯石を除去して、歯周病菌をお口の中から減少させ、インプラント周囲炎にかかるリスクを軽減します。

PMTC(自費診療)
  • PMTC(自費診療)
  • arrow
  • PMTC(自費診療)
  • arrow
  • PMTC(自費診療)
  • arrow
  • PMTC(自費診療)
  • arrow
  • PMTC(自費診療)

PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略です。普段のブラッシングでは行き届かない、歯と歯の隙間や、歯と歯ぐきの間などを、歯科衛生士がクリーニングします。汚れを除去した後、プラークが付着しないように歯の表面を磨いてツルツルにします。天然歯の虫歯・歯周病予防にも効果があります。

ブラッシング指導
  • ブラッシング指導
  • arrow
  • ブラッシング指導
  • arrow
  • ブラッシング指導
  • arrow
  • ブラッシング指導

歯科医院での定期検診と同じくらい、ブラッシングによるセルフケアは大切です。PMTCなどを受けても、日々のブラッシングが疎かでは、プラークがたまってインプラント周囲炎にかかりやすくなります。当院では、歯ブラシの選び方から、ブラシの動かし方まで、患者さんの歯の状態に合わせたブラッシング方法を随時ご指導いたします。

Contact
お問い合わせはこちら

tel : 06-6949-1115
※平日の夜は19時半まで診療をしております。

WEB診療予約はこちらをクリック

ページの先頭へ戻る