ワンランク上のインプラント治療のための設備紹介

Equipment 本格的なオペ室や最新機器で安心の治療を~設備紹介~

大阪市中央区にある「大阪中央インプラントオフィス」は、通常の歯科治療以外にも使用できるほど本格的なオペ室を完備。最高レベルの滅菌処理装置により、クリーンな環境を保ちながらインプラント治療を行います。緻密な検査を行うために欠かせない歯科用CTスキャンや、生体情報モニタなど最新鋭の医療機器の導入を惜しまず、常にトップクラスの治療に取り組める院内環境を整えております。

オペ室を完備しております

  • オペ室を完備しております
  • オペ室を完備しております

当オフィスには、単独のインプラント用「オペ室」があります。最高レベルの滅菌装置を備えたオペ室は、歯科以外の手術でも使用できるほど無菌室に近いクリーンな環境が常に保たれています。室内にはオペ台のほか、無影手術灯、生体情報モニタなど最新の医療機器を導入しており、インプラントセーフティマーク認定医によるトップクラスのインプラント治療が可能になっています。

生体情報モニタ

生体情報モニタ

インプラント手術の際、当オフィスでは通常の歯科医院では導入していることの少ない「生体情報モニタ」を使用しております。モニタに脈拍や血圧、心電図、呼吸などの全身状態を映し出して、常に監視しながら手術を行うことで、手術中に体調の異変が起きたときにも迅速に対応できます。

精密な診断を行うために歯科用CTを導入しております

歯科用CTとは

歯科用CTとは

緻密で高度な技術を求められるインプラント治療には、細部まで把握できる検査が必要不可欠です。当オフィスでは最新の歯科用CTを院内に導入して、詳細な検査・診断を行った上で手術を行います。このCTでの検査により、歯ぐきの中にある顎の骨の厚みや角度、神経との位置関係、骨密度など内部まで詳細に調べることで、確実な治療計画を立案することができます。また治療後にもCTを使い経過観察を行います。

歯科用CTのメリットについて

精度の高いインプラント治療には、歯科用CTは必要不可欠です。CTを使用するメリットとして以下の点が挙げられます。

メリットその1:表から見えない内部のデータが得られる

顎の骨量や厚み、血管または神経との位置関係、上顎洞(鼻の奥の空洞)の形態などの目視ではわからない部分のデータを詳細な立体画像で得られます。

メリットその2:精度の高い治療計画を立案できる

見えない部分まで立体画像化したデータを、専用のシミュレーションソフトに入れて治療イメージを作ることで、精度の高い治療計画を立案できます。

メリットその3:身体への負担が少ない

歯科用CTの被ばく量は、医療用CTの2割以下です。また、撮影時間も非常に短時間で済むので身体への負担が少なく、安心して受けていただけます。

メディフュージ(供血用遠心機)

メディフュージ(供血用遠心機)

血液中の血小板や赤血球が分離され、フィブリンゲルが形成されます。

フィブリンゲルは、成長インチや血小板などを多く含み、添加物を全く用いないため、 完全100%自己血液由来のゲル素材なので安心です。

滅菌器

滅菌器

当オフィスで使用する治療用器具はすべて、高圧蒸気滅菌器「DENT CLAVE 500M」により滅菌処理、個別にパッキングして、治療開始する直前に開封して使用します。

AEDも設置しております

AEDも設置しております

患者さんにより安心できる環境の中で治療を受けていただくため、院内にはAED(自動体外式除細動器)を設置。特殊なトレーニングを受けて迅速かつ適切に操作することの出来るBLSヘルスケアプロバイダーという資格を持っており、万が一の事態にもきちんと備えております。

Contact
お問い合わせはこちら

tel : 06-6949-1115
※平日の夜は19時半まで診療をしております。

WEB診療予約はこちらをクリック

ページの先頭へ戻る