• 診療メニュー
  • 医院の特徴
  • 院長・スタッフ紹介
  • 院内紹介・設備紹介
  • 医院概要・アクセス
  • 料金表

一般歯科・小児歯科

虫歯の治療~一般歯科~

もっとも身近なお口の病気といえるのが、虫歯。お口の中の虫歯菌が、食べものに含まれる糖分をエサにして酸を出し、徐々に歯を溶かしていってしまう病気です。

虫歯治療は多くの方が経験されていると思いますが、治療方法には新しいものも出てきています。当院では、従来の「削ってつめる」治療に留まらない新しい可能性を常に追究し、患者さんにご提供しています。虫歯のお悩みは、当院にご相談ください。

虫歯の進行度合いによる治療法

進行度 状態 症状 治療法
C1 初期の虫歯です。まだ侵食は浅く、痛みを感じることはありません。 虫歯部分を削り取り、白いレジン(歯科用プラスチック)をつめます。
C2 表面のエナメル質の内側にある、象牙質まで進行した虫歯です。象牙質の下には神経があるため、痛みが現れます。 虫歯部分を削り取り、大きさに合わせてつめもの・かぶせものをします。患者さんと相談のうえ、麻酔を用いることもあります。
C3 歯の奥にある、神経にまで進行した虫歯です。歯は大きく侵食され、強い痛みがあります。 神経がまだ生きている場合には麻酔をして虫歯を削り、かぶせものをします。死んでいる場合には神経を取り除いて薬剤をつめる根管治療を行います。
C4 歯はほとんどなくなり、神経が死んで一旦痛みもなくなります。放置すると膿が出て、再び激しい痛みが生まれます。 ここまでくると、抜歯するしかありません。抜歯後には、入れ歯インプラントによって機能を回復させます。
虫歯があちこちにある場合

虫歯が小さくても、あちこちにある場合には、お口の中は虫歯になりやすい環境になっています。こういう場合には、新たな虫歯をつくらないために、次のことに気をつけてお口の環境を改善していきましょう。

  • 歯科医院で歯磨き指導を受け、自分に合った正しい方法を身につけましょう
  • フッ素入りの歯磨き粉を利用したり、クリニックでフッ素塗付を受けたりして、歯質を強くしましょう
  • 定期検診に通って、医師のチェックを受ける習慣をつけましょう

レーザー治療について

当院では、エルビウムヤグ(Er: YAG)レーザー治療器を導入し、さまざまな治療に応用しています。レーザーにはさまざまな種類がありますが、当院が採用するレーザーは、軟組織はもちろん硬組織の治療にも有効なのが特徴です。

たとえば、初期の虫歯であれば、レーザーによって最小限の切削が可能になり、またドリルのような耳障りな音もありません。また歯周病治療では、歯周ポケット内の歯石を、簡単かつ痛みなく除去。殺菌・消炎作用もあるため、外科手術の際にも力を発揮します。

3Mix法について

3Mix法とは、「歯をいかにして残すか」を目的として考えられた新しい虫歯治療法。薬を使って虫歯菌を無菌化するのが特徴です。

虫歯部分を削った後に3種類の薬を混ぜたものをつめ、その上をつめもの・かぶせものでふさぎます。それによって虫歯が歯の内部に進行するのを防ぎ、神経を守ることができるのです。この治療には痛みがなく、従来の虫歯治療にあった独特の苦痛をなくすことができます。

当院ではこういった新しい治療法もどんどん取り入れ、できるだけ患者さんの大切な歯を残せるよう、また痛みの負担を減らせるよう努めているのです。

お子さんの大切な歯を守る~小児歯科~

乳歯や、生え替わったばかりの永久歯が、大人の歯よりやわらかいということをご存じですか? 実はそのために、子どもは大人よりも虫歯になりやすく、また一度なったら進行も早いのです。

小児歯科では、お子さんの虫歯治療はもちろん、虫歯にならないための予防処置を行っています。まだ自分でいろいろな判断ができないお子さんのお口の健康を守ってあげられるのは、親御さんだけです。小児歯科での適切な治療・予防処置によって、健やかな成長をサポートしてあげましょう。

小児歯科メニュー

歯磨き指導

お口の健康のために大切なのは、毎日の歯磨き。小さな頃からの正しい歯磨き習慣が、一生のお口の健康状態を左右するといえます。クリニックで指導を受け、正しい方法を身につけてあげましょう。

フッ素塗付

フッ素には、歯質を強くする効果があり、定期的に歯の表面に塗布することで、お子さんの歯を虫歯に強い歯にします。また、ごく初期の虫歯であれば、これで治癒が見込めることもあります。

過剰歯の抜歯

本来生えてくるべき歯の本数よりも多い歯「過剰歯」が生えてくるお子さんがいます。これは多くの場合、歯並びや噛み合わせを乱す原因になるため、抜歯が必要です。当院では過剰歯の抜歯にも対応しています。

食育

お子さんの虫歯のなりやすさは、食事のタイミングやおやつの与え方などが大きく関わってきます。健康なお口をつくるための正しい食習慣を築く、食育指導を行います。

小児矯正

歯並びや噛み合わせの乱れは、見た目の問題だけでなく、噛む機能や、顎・顔・また全身の成長バランスにも悪影響を及ぼします。子どものうちに矯正治療を行うことは、大人になってからの治療よりメリットがたくさんありますので、時期を逃さないようにしましょう。

妊婦さんの歯科治療

妊娠するとつわりがはじまり、またホルモンバランスにも変化が生まれることで、お口の環境が悪化し、虫歯や歯周病になりやすくなります。特に歯周病は、早産や低体重児出産を招くといわれており、きちんとした治療が必要です。妊娠中期には、一度検診にお越しください。

小さなころから気をつけてあげて!

お子さんのお口の健康づくりは、小さなころからはじまっています。親御さんが意識して気をつけてあげるようにしましょう。

  • 甘いものを与え過ぎないようにしましょう
  • 日ごろの飲みものは、ジュースではなくお茶やお水にしましょう
  • バランスのよい食事をとる習慣をつけましょう
  • やわらかいものばかりでなく、噛みごたえのあるものを与えましょう
  • 食後にはうがいを習慣づけましょう

乳歯でも永久歯でもない、本来生えてくるべき本数より多い歯である「過剰歯」。まれに、この過剰歯が生えてくるお子さんがいます。歯並びを乱したり、虫歯の原因にもなったりする過剰歯は抜歯が必要です。口腔外科にて対応しますので、お気軽ご相談ください。

過剰歯の抜歯についてくわしくはこちら

歯並びや噛み合わせの乱れは、見た目が気になるのはもちろん、機能的にも「食べものが噛めない」「虫歯や歯周病になりやすい」「発音がうまくできない」など、さまざまな不具合を体に招くもの。顎や顔、全身の成長バランスにも影響します。適切な治療で正しい歯並びを艇に入れましょう。

矯正治療についてくわしくはこちら

大阪中央区京橋の歯医者  インプラント治療ならOBPデンタルクリニック tel.06-6949-1115

WEB診療予約

このページの先頭へ