• 診療メニュー
  • 医院の特徴
  • 院長・スタッフ紹介
  • 院内紹介・設備紹介
  • 医院概要・アクセス
  • 料金表

入れ歯治療

噛める入れ歯をつくりたい~入れ歯治療~

歯を失ってしまうと、見た目が気になるのはもちろん、「食べものがしっかり噛めない」「発音がうまくできない」といったさまざまな不具合が起こってきます。そのため歯を失ったら、きちんと入れ歯などによって噛む機能を回復することが必要です。

入れ歯には、「ずれる」「噛めない」「不自然」といったマイナスイメージがつきものですが、近年では入れ歯の開発が進み、見た目が自然で快適な入れ歯もたくさん出てきています。当院には院内ラボがあり、3名の歯科技工士が在籍していますので、一人ひとりの患者さんのお口の状態を直接把握し、ぴったり合った「噛める入れ歯」をご提案します。どうぞお気軽にご相談ください。

当院の取り扱い入れ歯

ノンクラスプデンチャー

保険適用の部分入れ歯にある、金属のバネ(クラスプ)をなくしたもの。歯茎部分がピンク色のシリコンでつくられており、フィット感がよく見た目も自然です。また金属アレルギーの心配もありません。

マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯の裏側に磁石を取りつけ、強力な磁力によって固定する入れ歯。バネがないため見た目も自然で、入れ歯につきものの「ずれ」や「違和感」もないため、しっかり噛めるようになります。

コーヌスクローネデンチャー

土台部分に内冠を、入れ歯側に外冠を取りつけ、茶筒のふたのようなしくみではめ込み、固定させる入れ歯。バネがないため見た目が自然で、ずれたりもたついたりしないうえに、取りはずせるためお手入れもしやすいのが特徴です。

金属(チタン)床義歯

床部分に金属を用いた入れ歯。当院ではチタンを用いています。床部分が薄いため軽く、食事の温度も伝えやすいのがメリットです。

フィンデンチャー

入れ歯の後部と内側が、やわらかいシリコンの膜(フィン)でつくられているもの。歯茎へのフィット感が高く、装着の違和感が少ないため、食事を楽しむことができます。

入れ歯の種類について

入れ歯にはさまざまな種類があります。それぞれの違いをご紹介します。

総入れ歯 部分入れ歯
すべての歯を失った場合の入れ歯です。 歯を1~3本失った場合の入れ歯です。バネを両脇の残歯にかけて固定するもののほかに、自費診療ではバネのないタイプもあります。
金属床義歯 レジン床義歯
床部分に金属を用いた入れ歯で、自費診療になります。金属のため床を薄くつくれ、熱伝導率が高いため、食事の温度が伝わりやすいのが特徴です。 保険適用の入れ歯で、床がレジンでつくられています。分厚くなるため装着感は落ちますが、修理が簡単で費用が抑えられるなどのメリットもあります。
金属を使わない入れ歯 バネのない入れ歯
金属はお口の中で溶け、金属アレルギーを引き起こす原因になったり、見た目に目立ったりするなどの問題があります。そこで金属を使わない入れ歯を選ばれる方もいます。 部分入れ歯のバネは金属であり、また目立つことが問題です。それを解消するために、バネのない部分入れ歯をつくることもできます。
保険適用の入れ歯 自費診療の入れ歯
入れ歯には、保険が適用されるものがあります。素材や様式はかぎられますが、患者さんの費用の負担を軽減することができます。 装着感や見た目などを追究される場合には、自費診療の入れ歯がおすすめです。目立ちにくく噛みやすい、ぴったりフィットする入れ歯をつくりましょう。

大阪中央区京橋の歯医者  インプラント治療ならOBPデンタルクリニック tel.06-6949-1115

WEB診療予約

このページの先頭へ