• 診療メニュー
  • 医院の特徴
  • 院長・スタッフ紹介
  • 院内紹介・設備紹介
  • 医院概要・アクセス
  • 料金表

噛み合わせ・顎関節症治療

噛み合わせの重要性

お口の健康とは、虫歯歯周病がない、ということだけではありません。歯並びや噛み合わせがきちんと整ってこそ、健康だといえます。

なぜなら噛み合わせが正しく左右のバランスがとれていてこそ、全身のバランスが保たれるものであり、ほかにも奥歯をきちんと噛みしめることでスポーツでの力を発揮するなど、重要な役割を担っているからです。

正しい噛み合わせは、健康のための重要な要素であるといえます。その重要性を理解し、ご自分の噛み合わせを見直してみましょう。

当院の噛み合わせ治療

問診

当院では以下のような項目や生活環境についてお聞きし、咬み合わせのずれの原因を把握します。

  • 小学校・中学校の頃に歯ぎしりをしていたか?
  • 大きな環境変化があった後に症状が出始めたか?(受験・就職・人事異動など)
  • 普段から歯ぎしりのクセはあるか?
  • ストレスによる食いしばりがあるのか?
  • 小学校・中学校のときに「食いしばり」「片側で噛む」「舌の悪癖」
  • 「腕をあごの下に置く」「うつ伏せで寝る」といったクセはあったか?
  • 日常的に長時間のパソコン操作を行っているか?
  • 十分な睡眠をとれているか?

同時に、顎の筋肉の状態、顎関節の状態(大きく開いて何ミリまで開くか、など)も調査します。

検査(パノラマレントゲン撮影/CT撮影)

顎関節の状態を詳細にお調べします。左右の関節頭の形が変形している場合はCT撮影による検査を行います。患者様に現在の状況をくわしくご説明することで、原因と結果を把握していただきます。

噛み合わせの乱れがもたらす悪影響

噛み合わせの乱れは、次のようなさまざまな悪影響を及ぼします。

悪影響1:つめもの・かぶせものなどの寿命を縮める

噛み合わせが悪いと、片顎ばかりに強い力がかかるなどし、つめものやかぶせものの寿命を縮めてしまいます。その結果、何度も修理が必要になったり土台がもろくなったりして、最悪の場合には抜歯せざるをえなくなってしまいます。

そうなると、インプラント入れ歯などの高額な費用がかかる治療を選択しなくてはなりません。お口を健康な状態に保ち、余計な治療をしなくて済むようにするには、噛み合わせがとても重要なのです。

悪影響2:顎関節症を招く

「口を開け閉めするときに痛む」「口を開けるときに音が鳴る」「口が開かない」といった症状があれば、顎関節症が疑われます。顎関節症は、10代半ばから20代、30代の、特に女性に多い病気。噛み合わせの乱れのほかに、歯ぎしりやストレスなどが原因だといわれています。

悪影響3:全身症状の原因になる

噛むバランスが左右均等でないと、顎や肩、体全体のバランスも乱して、あちこちへの痛みや全身症状を招くことがあります。

※頭痛、肩こり、腰痛、背骨脇の筋肉の痛み など

悪影響4:ストレスを招く

噛み合わせの乱れは、見た目が気になる場合だけでなく、うまく噛めない、バランスがうまくとれないといったことなどから、知らず知らずにストレスを招いてしまうことがあります。ストレスなどの心の病気は治療がとても難しいものであり、原因を噛み合わせだと特定することも容易ではないでしょう。

~PICK UP!顎関節症の治療にも対応しています~
顎関節症の症状は、噛み合わせの調整や、噛む力をやわらげるマウスピースによって改善できます。お気軽にご相談ください。

大阪中央区京橋の歯医者  インプラント治療ならOBPデンタルクリニック tel.06-6949-1115

WEB診療予約

このページの先頭へ